シリコンバッグ挿入で起こる可能性があるトラブルとは

シリコンバッグ豊胸をした人が心配するトラブル

シリコンバッグ トラブル | 豊胸(シリコンジェルバッグ)

シリコンバッグ豊胸をした人が心配するトラブル | シリコンバッグのリスクをしっかり理解してトラブルのない施術を

大きく豊かな胸にするために豊胸手術でシリコンバッグを挿入するという方も少なくはないようです。
この手術を受けると理想のサイズの胸を手に入れることができますが、後にさまざまなトラブルが起こることがあるので注意が必要です。
シリコンバッグのトラブルとして、10人に1人が10年以内に発症していると言われている起こる可能性が高いトラブルは、カプセル拘縮です。
バッグを挿入すると、その周りにカプセルと呼ばれる膜が作られます。
これは、人工物など異物が挿入されると異物に対する反応としてできる自然なものなので、特に問題はありませんが、カプセルは、時間が経つと厚く硬くなっていき、バッグを締めつけるほどきつく覆ってしまうことがあります。
この状態がカプセル拘縮です。
カプセルに強く締め付けられると、胸が硬くなり、触った感触も不自然になってしまいます。
カプセル拘縮が起こる原因は、体質によるものと言われていますが、手術のときに出血が多かったり、感染や炎症を起こした場合に起こりやすく、無理なマッサージで炎症が起こすことも原因の1つとしてあげられています。
このような状態になってしまうと、バッグを抜去することでしか状態を改善することができません。
シリコンバッグを挿入して年齢を重ねたり、出産を経験すると、元の乳腺があるアンダーバストの位置と、シリコンバッグを入れた後のアンダーバストの位置にずれが起こることがあります。
このような状態になると、アンダーバストが2段になってしまうので、胸が揺れるときにおかしな揺れ方をすることがあり、見た目もかなり不自然になってしまいます。
このようなトラブルは、バストの段差と呼ばれています。
段差をなくし、自然な状態に戻すためには、やはりバッグを抜去するしかありません。
そして、バッグを挿入した多くの人が心配しているのは、シリコンバッグの破損ではないでしょうか。
破損もバッグ挿入後に起こりやすいトラブルの1つです。